Ken_Island2008ヘッダ
〜ストレッチア・アイランド:1日目〜
   2日目 >  エピローグ >  ローカル・ルール >  Message >  Top-page >  海が好き >  バンガロークー
Ken001
 ♠2008年11月25日 > Diary of Kenji
エ〜〜〜今回の旅のキッカケは、oo73.comを見て「しばらく訪れて無いな〜」
と想ってネットサーフィンしていると、Bungalow Cooを見つけました。
*Bungalow Cooは、日本人プロサーファー1号:坂本昇さんのバンガローです。
自分は約20年前から島へサーフィンに通ってますが坂本さんのイメージと言えば

怖い・あぶないのヒトコト。しかし坂本さんの28年間の集大作:Bungalow Cooに、
とても興味があり気がつくとインターネットで予約を入れてました。
Ken003
出発一週間前の火曜日の朝の出来事です…見知らぬ電話番号より着信♪♪♪
もしもし?(寝ぼけてます)
Cooの坂本ですけど…!
びっくりです。宿の近く工事状況をわざわざ知らせて頂いた電話でした。
自分達がサーファーである事を伝えると、とても丁寧に
波の状況、板を2本持って来た方が良い等々アドバイスを頂きました。
Ken009
←さて今回の相棒の事を紹介します。
KAZUO 37才
新婚ホヤホヤ・1月に、女の子が生まれる予定で、もうすぐパパです。
Ken002
当日、羽田は雨風強くフライトは条件付き「今回はハズレかな〜」
等々…考えつつ“くぅ”と一眠りすると到着。なんと島は晴れ!!!
風は強い!途中、横間ポイントを見るとグチャグチャ。
やっぱりダメかと想いつつポイントへ。
坂本さんに、まず御挨拶!とおもい、Cooに向かうが見当たらずポイントへ直行!
するとそこには駐車場で着替えている坂本さんの姿を発見!
車の中から挨拶をすると…
Ken006
「車、まっすぐ止めろ!ピタッとくっつけて!」
「早く着替えろ!!!早くしろ!」
と、やっぱぁ〜怖ぇ〜〜〜!
とおもいつつ「はい!」しか言えない自分(; ̄ー ̄川 汗汗 滝汗
波チェキしてる間もなく、板を選んでいる間もなく、
5’11”クワッドにフィンをつけ入水!
AM09:20分くらい。
奥のレギュラーは何とか風を交わしパーフェクト胸〜肩。
Ken005
Island break!
Ken012
アウトには茅ヶ崎から来た4人。その中に知り合いがいた。
ローカル3人、水温良し!天気良し!
セット間は少し長く“おやじ向きコンディション”
写真は坂本さん
Ken007
セットを待っている間、
色々な話をする事が出来ました。
Ken004
ファンな時間を楽しみ気がつくと12:30
少し風も入り波数も少なくなり1R終了。
坂本さんは裏見ヶ滝温泉へ風呂タイム!
自分達はローカルが少なめだったので2Rはメインポイントに、
お邪魔させて頂きました。
つかみずらいが良い波に乗ると2回くらい当てられて、
まぁマァのグーフィー!
Ken018
贅沢は敵と想いつつ
人の少ない人の少ない北側へ
何やら奥で豪快な笑い声。
欣さん登場!
Ken013
近付いて挨拶を交わすと
「めずらしいなぁー!今年は波が無いんだよ!」
グッワァハハハハ!
と覚えていて下さって感動!
Ken023
島も最近は毎日サーフィンを出来る環境ではないらしく…
異常気象、気候変動のためか?
欣さんが「明日もきっとイイぞ」と言うので
体力を残すため15:30頃上がり温泉タイム→夕陽→ビアタイム
Ken030
夕食は、Cooお薦め!マリさんのディナーを予約
当初こちらから伺うはずであったのですがマリさんの優しい配慮で
「あなた達!お酒呑むんでしょう!」
もぅー呑んでまーす!って事で
ケータリングサービスして頂きました!
メニュは島の食材をふんだんに使ったイタリアンと島料理のミックス!
Ken029
とーてもグラッチェ!そして量が多く食べ切れない。
デザート付きでドラゴンフルーツの果肉にバナナが入ったモノ。
こちらもタイラゲ星空タイムへ。満点の夜空、モルデブより凄いかも?!
写真に取れない事が残念です。
幸せ気分いっぱいで21:30ダウンジュルルル ( ̄q ̄)zzz
翌日へ
   2日目 >  エピローグ >  ローカル・ルール >  Message >  Top-page >  海が好き >  バンガロークー
©oo73.com all rights and photography reserved.